岩崎部長から「(ラグビーを通じて)周りの人のことを考えられるようになった」と評される渋川工の笠原優希
 高校ラグビーの活性化を目的としたU18(18歳以下)合同チーム東西対抗戦が1月5日、大阪府東大阪市の花園ラグビー場で開かれ、群馬県のNO8笠原優希(渋川工)とSH依田泰門(桐生清桜)が東軍で出場する。対抗戦は第103回全国高校ラグビー大会準決勝の前座試合として実施。2022年度の各都道府県・各ブロックの新人大会(15人制)に単独校として出場できなかった選手が対象で、今夏のU18全国高校ラグビー大会に参加した選手の中から、東西計50人が選ばれた。大舞台へ向け、2人は調整を続けている。

気持ちと体の強さ武器

 渋川工のNO8笠原は競技歴わずか1年半足らずで代表に選出された。本番へ向けて「めっちゃうれしい。足を引っ張るわけにはいかないので、もっと体を大きくしてスタミナも付けないと」と気を引き締める。

かさはら・ゆうき 2年。2006年6月生まれ。富岡中出身。

 中学時代には、...